製品・サービス

次世代型セキュリティ Carbon Black Cb Defense


新着情報

2018/09/07
電通テック様のCb Defense 導入事例を掲載しました。
2018/09/07
Cb Defense紹介ページをリリースしました。

Cb Defense製品概要

Cb Defense は『EPP (Endpoint Protection Platform)』と、『EDR (Endpoint Detection and Response)』を一つに統合した、次世代アンチウィルス『NGAV (Next-Generation Antivirus)』を実現する、エンドポイントセキュリティ管理ツールです。

Cb Defense製品概要

Cb Defenseの特徴 7つの優位点

Cb Defenseには他製品と比較して、多数の『優位点』があります。

  • マルウェア、非マルウェアなどの形式を問わない攻撃への防御
  • アラートの有無に関わらない、徹底的なログ・記録の管理
  • マルウェア感染時の迅速な対応、対処
といった特徴が挙げられます。

詳しくは以下の①~⑦の項目をご覧ください。

Cb Defenseの特徴 7つの優位点

独自のセキュリティ分析エンジン

Cb Defenseには『ストリーミングプリベンション』と呼ばれる特許技術が存在します。

具体的には、ファイル、プロセス、ネットワーク、レジストリなどあらゆるイベントデータに、TTP(戦術・技術・プロシージャ)に基づいた『TTPs』というタグを付与し、イベント動作の継続的なデータ収集、優先順位を付けた分析を行い、エンドポイントの防御を実現します。

独自のセキュリティ分析エンジン

管理者用画面

下図は、実際のCb Defenseの画面です。

アラートが発生した場合、段階ごとにステータスを表示し、『攻撃の進行段階』『被害端末の状態』をユーザビリティの高いインターフェースで確認することができます。

このシステム管理者の負担を最小限に抑えた『EDR機能』により、感染経路や感染端末の特定を迅速かつ効率的に行い、業務への影響を最小限に留めることが可能です。

管理者用画面

お問い合わせ・資料請求

ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア第一部

TEL 03-5166-1930
FAX 03-5859-3097
E-Mail iem-sales@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム