イベント・セミナー
(2018年)
2018.11.08(木) 開催終了

「Red Hat Forum Tokyo 2018」出展

Red Hat Forum Tokyo 2018

SCSKは今年も国内最大級のOSSイベント「Red Hat Forum Tokyo 2018」にゴールドスポンサーとして出展致します。

今年は、「IDEAS WORTH EXPLORING アイデアとオープンソースのちからで、ビジネスに変革を。」をテーマに一人ひとりが持つ多くの可能性が備わったアイデアとビジネスを推進する原動力である最新テクノロジーとの融合で、新たな価値を生み出すイノベーションへとつなげていく場を創ります。

当日は、(ハイブリッドクラウド基盤)・(クラウドネイティブアプリケーション基盤)・(IT自動化と運用管理)の3つのカテゴリに沿った先進のお客様事例セッションを下記の8つのキーワードに分けて、導入事例やデモを交えながらわかりやすくご紹介します。

  • システムの性能や信頼性の向上
  • ビジネス・イノベーションの創出
  • 既存システムの統合性強化
  • 業務及びITコストの削減
  • 顧客サービスの質的な向上
  • 従業員のワークスタイル革新
  • 新技術・製品に関する知識・活用方法の習得
  • 売上増大への直接的な貢献

是非ともご来場いただき、本イベントにおいて、お客様とレッドハット社や弊社を始めとする出展企業との“知”との対話から、自社の事業成長に繋がるイノベーションを実現するための様々なヒントを得ていただけましたら幸いです。

開催案内

主催 レッドハット株式会社
日時 2018年11月8日(金) 9:30~18:40 
会場 ウェスティンホテル東京
東京都目黒区三田1-4-1
対象 クラウドとOSSの導入と利活用を検討されている企業および公共機関のCxO、部長、マネージャ、
ビジネス企画部門、情報システム部門、サービス提供者の皆様
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • Session

    • <ゼネラルセッション>
      レッドハット株式会社
      代表取締役社長 望月 弘一氏

      米国レッドハット
      社長兼CEO ジム・ホワイトハースト氏、
      上級副社長/製品・テクノロジー部門 社長 ポール・コーミア氏

      レッドハット アジア太平洋地域担当
      シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー ダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン氏

      株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
      取締役常務執行役員 技術戦略担当 技術革新統括本部長
      木谷 強氏

      富士通株式会社
      クラウドサービス事業本部 ファウンデーションサービス統括部 統括部長
      松本 修氏

      注目の基調講演に加え、ユーザ様やスポンサー各社のブレークアウトセッションを公開中!
      ランチ付きセッションを含む、35を超えるセッションの登録を開始しております。

    • <当社講演 15:00~15:40>
      講演タイトル:
      働き方改革を加速する、テクノロジーと企業カルチャーの融合
      ~カルチャー+RPA/Decision Manager+Ansibleで実現する業務の自動化~

      レッドハット株式会社
      プロダクトソリューション本部 クラウドマネジメント&オートメーション担当
      中村 誠氏

      SCSK株式会社
      ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア第二部 部長
      國松 比呂子

      SCSK株式会社
      ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア第二部
      富杉 正広

      真の働き方改革を実現するには、企業カルチャーとテクノロジーの融合が不可欠です。
      本セッションでは、SCSKにおける働き方改革を実現した企業カルチャーと各タスクの自動化に向けたソリューションとして、RPA+Red Hat Decision Manager(事務タスク自動化)、Ansible(ITタスク自動化)を紹介致します。

    • プログラムに関しては、「Red Hat Forum Tokyo 2018」
      セッション新規ウィンドウ
      The Cube: 準備中
      Cloud Café:準備中
      ハンズオン:準備中
      のサイトをご確認ください。

  • 展示

    • 当社展示 ゴールドスポンサーブース 新規ウィンドウ

      <展示ソリューション>
      Red Hat JBoss Middleware全製品 / JACMO / Velox BRMS / 他

      <展示内容>
      Red Hat Decision Managerのラッピングソリューション「Velox BRMS」とRPAを組み合わせて、業務プロセスの自動化を実現するデモをご紹介致します。
      その他にも、パブリッククラウド上でRed Hat Middleware製品を展開するSCSK独自のサービス「JACMO」をご紹介致します。

  • ハンズオン

    • 当社ハンズオン (URL準備中) 

      <ハンズオンタイトル>
      Red Hat Decision Manager feat. Velox BRMSを活用した業務自動化・開発効率化の最適解

      <概要>
      本ハンズオンでは、働き方改革や業務自動化・開発効率化にご興味、ご関心のあるご担当者様に向けて、開発効率化・業務の自動化にフォーカスし、Red Hat Decision Manager」のラッピングソリューション「Velox BRMS」を使用したルール実装を行うと共に、「Velox BRMS」と「RPA」を連携させるところまでを体感いただきます。

      <アジェンダ>

      • Red Hat Decision Manager/Velox BRMS説明    10分
      • Velox BRMSを用いて判定・料金計算のルール実装     40分
      • Velox BRMS x RPA連携解説・実演          10分

      <参加条件>

      • システムの設計業務に携わったことがある方
      • 以下の条件を満たすPCをご持参できる方
        • ネット接続が可能であること
        • MS Officeがインストールされていること( ※Excelを使用します。)
        • ブラウザにGoogle Chromeをインストールしていること
        • RPA「UiPath Community エディション」 新規ウィンドウをインストールしていると望ましい。

※ 予告なくイベント・セミナーのタイトル、内容などが変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品・サービス名、会社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


お問い合わせ先

SCSK株式会社
ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア第二部
「Red Hat Forum Tokyo 2018」担当
TEL:03-5166-1320
E-MAIL:jboss-sales@ml.scsk.jp