イベント・セミナー
(2018年)
2018.11.07(水)

OSSユーザーのための勉強会 < OSS X Users Meeting > #25 Kubernetes

SCSK株式会社では、注目すべきオープンソースソフトウェア(OSS)を題材に、開発コミュニティの当事者とこれからOSSを学びたい人との交流・相互理解を通じて、共に見識を高めるための勉強会シリーズ「OSSユーザーのための勉強会 <OSS X Users Meeting>」を開催しております。

今回は、コンテナ管理の領域でディファクト・スタンダードになりつつある Kubernetes を題材に、「SIerにおける Kubernetes 活用」という観点と、技術的な観点から、その特長・アーキテクチャ・最新動向・利用事例・今後の展望についてご紹介いたします。

また今回も、ユーザーからのご意見・ご要望を表明する場として、参加者によるライトニング・トーク(LT)の時間を設けています。最新のOSS動向に触れるチャンスとして、お気軽にご参加ください。
セッション終了後にはささやかな懇親の場を用意しております。

※「イベントレジスト」のサイトを表示します。

開催要領

主催 SCSK株式会社 R&Dセンター 技術戦略部 OSS戦略課
協力 株式会社 スタイルズ、VA Linux Systems Japan 株式会社
日時 2018年11月7日(水) 18:30~  (20:15終了予定、開場 18:00)
会場 ベルサール八重洲(東京駅・日本橋駅) 2F Room C アクセス
東京都中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル
「日本橋駅」 A7出口 直結 (東西線・銀座線・浅草線)、
「東京駅」 八重洲北口 徒歩3分 (JR線・丸ノ内線)
定員 60名
参加費 無料

プログラム

  •  

    1.「 SIerにおける Kubernetes 活用 」(仮題)

    株式会社スタイルズ
    矢野 哲朗
    【概要】
    • 1) 「コンテナのメリット」
      • コンテナ化によるビジネスメリット
      • コンテナの基本
      • コンテナと仮想化技術との違い
    • 2) 「Kubernetes とは何なのか?」
      • Kubernetes で何ができるのか?
      • Kubernetes は何をするためのものなのか?
    • 3) 「Kubernetes は、GoogleがAWSに仕掛けたゲームチェンジ」
      • AWSに勝てなかったGoogle
      • iOSに対抗したAndroidの戦略
      • AWSプラットフォームクローン作戦
    • 4) 「SIerが考えなければならない Kubernetes の影響範囲」
      • Kubernetes がもたらす DevOps
      • DevOps がもたらすインフラの変革
    • 5) 「Kubernetes によって変わるSIerの役割」
  •  

    2.「 技術解説 Kubernetes 」(仮題)

    VA Linux Systems Japan 株式会社
    岩本 俊弘
  •  

    3.Q&A、ディスカッション

  •  

    ~ 終了後 懇親会(参加無料) ~

    参加者によるライトニング・トーク(LT):懇親会で実施

※ 予告なくイベント・セミナーのタイトル、内容などが変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品・サービス名、会社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


※「イベントレジスト」のサイトを表示します。

お問い合わせ先

SCSK株式会社 
R&Dセンター 技術戦略部 OSS戦略課
「OSSユーザーのための勉強会」事務局
TEL:03-5548-5580